Menu

小規模多機能型居宅介護とは

Home
  • 縁が輪について

小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護について

小規模多機能型居宅介護について

小規模多機能型居宅介護とは、厚生労働省で明確に定義されています。

利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の選択に応じて施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活上の支援や機能訓練をおこなうことを指します。
その他にも「通い」の定員は概ね15名以下、「宿泊」の定員は概ね9名以下と、それぞれのサービスの定員も明確に決まっています。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

通い

通い

・地域密着型のため、住み慣れた土地や周辺の環境の中で生活できる。

・お風呂だけ、ご飯だけの利用も可能。

・送迎にも対応しているため、ご家族の方も安心して利用できる。

泊まり

泊まり

・急な宿泊にも対応できる。
(※お部屋の空きがある場合のみ)

・一泊のみも可能。

・普段と同じ場所で宿泊ができる。

訪問

訪問

・基本的に随時対応しているため、急な訪問にも対応できる。

・「通い」「泊まり」「訪問」で同じスタッフが対応できるため、安心して生活ができる。

・普段は「通い」、体調がよくないときは「訪問」と、臨機応変な対応が可能。